2018年01月25日

仙台で2日連続、最低気温が-6度台

全国的に強力な寒波により低温と降雪の被害が出ていますが、仙台では、最低気温が昨日1月24日-6.3度、今日5日は-6.7度と、2012年以来の冷え込みとなっています。

もっとも、真冬日となった昨日は、朝方は-2度程度で、夕方になってから急激に冷え込み、最低気温は、夜の10時台に記録されています。

ここまで来ると、道路の凍結が、ふつうにあると見た方がいいようですね。

[np] 軽量 簡単着脱 ベルト式 携帯スパイク 7ピン 2個セット 【収納ポーチ付き】 雪道 凍結 滑り止め 携帯用 スパイク かんじき スリップ 転倒 防止 メンズ レディース ジュニア キッズ ヒール スニーカー にも -
[np] 軽量 簡単着脱 ベルト式 携帯スパイク 

そして、今朝は深夜1時台に-6.7度となりました。10時現在でも-2.3度と、乾いた雪が降っており、今日も真冬日になりそうです。
 
予報では、明後日土曜日まで、この寒さが続きそう、とのことです。

ちなみに東京都心では、48年ぶりに最低気温が-4度となった、ということで、場所によっては水道の凍結もあるんじゃないでしょうか。

よく「北国から見れば、東京が少々の雪で大騒ぎし過ぎ」という方がいますが、めったに降らない雪や低温ですから、やむをえない面もあると思います。

宮城県でも、2日連続100件近くの転倒事故が発生してますし、事前の準備・注意が必要なのは、どこでも同じですよね。

posted by エー・プラネット at 10:52| 天気関連 | 更新情報をチェックする